広い座席間隔、上質な旅を JRバス東北が新車

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ジェイアールバス東北が導入した新貸し切りバス

 ジェイアールバス東北は18日までに、通常よりも座席の間隔を広く取った新たな貸し切りバスを導入した。

 福島、仙台、青森の各支店に2台ずつ配備し、乗客に上質な旅を提供する。

 同社によると、貸し切りバスは4席11列のタイプが一般的だが、導入した車両は4席9列編成の36人乗り。

 座席は全て本革張りで、上下動ができるシートヘッドを装備。福島支店での運行は11月まで。仙台支店は12月~来年3月。21日に福島支店とJR東日本仙台支社ビル前で展示会を開く。