飯舘の道の駅・までい館、8月12日開業へ 周辺に公園など整備

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
工事が進められている復興拠点施設「いいたて村の道の駅までい館」

 飯舘村が、同村深谷字原前に建設を進めている復興拠点施設「いいたて村の道の駅までい館」が、8月12日にオープンする見通しとなった。村は、東日本大震災の月命日でもある同11日に、関係者を招いたオープニング式典を行う方向で調整を進めている。

 式典の内容などは今後詰めるが、村は新たな村のPRキャラクターのお披露目を検討している。

 県道原町川俣線沿いに建設される道の駅は、木造平屋で延べ床面積約1080平方メートル。直売所や食堂などを設け、周辺に復興公営住宅や花卉(かき)栽培施設、公園などを整備する。乗用車約50台、大型車7台分の駐車スペースも確保する。

 いいたて村の道の駅は、新たな地域活性化の取り組みを国が後押しする重点「道の駅」に選定されている。