会津藩公行列に「庄内藩」編入へ 会津まつり・9月22日開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松市の秋の風物詩「会津まつり」は9月22~24日行われる。メインの「会津藩公行列」に、戊辰戦争時に新政府軍から会津藩とともに追討対象となった「庄内藩」(山形県)を行列に編入する。

 編入は会津まつり協会(会長・室井照平会津若松市長)が19日の理事会で決めた。奥羽越列藩同盟のきっかけとなった「会庄同盟」に焦点を当てる狙い。来年の戊辰150周年のプレ事業として機運醸成につなげる。

 日程は22日に提灯(ちょうちん)行列など、23日に会津藩公行列など、24日に日新館童子行列・鼓笛隊パレード。戊辰150周年を機に、今後の会津まつりの方向性を考える検討委員会も新設し、今月27日に第1回会議を開く。