「リバティ会津」待望の直通運行 東武鉄道、会津田島駅に到着

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会津田島駅に到着した一番列車=21日午前9時45分

 会津人の期待と希望を乗せ、東京・浅草駅と南会津町の会津田島駅間(延長約190キロ)を乗り換えなしで結ぶ東武鉄道の新型特急「リバティ会津」が21日、運行を開始した。

 浅草駅午前6時30分発の一番列車には、運行を待ちわびた多くの鉄道ファンや観光客が乗車。都会から新緑鮮やかな山々へと移り変わる車窓の風景を楽しみながら、会津へと向かった。

 リバティ会津は、浅草―会津田島間を1日4往復し、片道最短3時間9分で結ぶ。これまで浅草発の東武特急は鬼怒川温泉駅(栃木県日光市)までで、会津に入るには乗り換えが必要だったが、直通となり便利さは格段にアップ。2020年東京五輪・パラリンピックを前に増えそうな訪日外国人を含め関東圏からの観光誘客の起爆剤にと期待される。