和服姿で会津を散歩 イベント始まる、バス無料乗車など特典も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
和服姿で会津若松市の市街地を歩く参加者=野口英世青春通り

 歴史情緒あふれる会津若松市に和服姿の来訪者を呼び込む「あいづ着物さんぽ」が22日、始まった。大型連休最終日の5月7日までで、和服姿で「まちめぐりパスポート」を提示すると観光スポットの周遊バスや桜の名所循環バスに無料で乗車できるなどの特典がある。

 同市の鶴ケ城で開催中の「鶴ケ城さくらまつり」の一環。鶴ケ城本丸で23日まで開かれている大茶会に彩りを添えようと過去2回催されたが、今回は「和服が似合う城下町」として鶴ケ城だけでなく市街地全体への誘導を目指し、会津若松駅などに着物のレンタルや着付けに対応する場所を設けた。

 着崩れ直しや草履調整のサポート店を設けたほか、和服姿の来店者に飲み物やお菓子、グッズなどのサービスを提供する和服応援協力店も各所に配置した。同市の桜は満開の時期を迎えており、初日は好天に誘われた和服姿の参加者がゆっくりとまちなかを散策した。