ヒーロー、ご当地キャラ180体集結へ 6月・白河こども夢フェスタ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 白河市に全国のご当地キャラクターが集う「ご当地キャラこども夢フェスタ」が6月3、4日の両日に開催することが決定した。鈴木和夫市長を会長とする同フェスタ実行委員会の会議で決めた。

 同フェスタは、復興へと歩む本県の姿を全国に発信しようと2013(平成25)年に始まり、今回で5回目。昨年は2日間で約18万5000人(主催者発表)が来場した。

 今回から会場が変更となり、JR白河駅周辺から白河文化交流館コミネス、市立図書館会場駐車場までに設定され、全国からご当地ヒーロー、ご当地キャラなど約180体が集結する予定。

 時間は午前9時~午後3時30分。飲食店ブースやご当地キャラパレード、県南地方キャラクターコラボダンス、「しらかわしゅうまいサミット」などのイベントも同時開催する。