「小名浜マリンブリッジ」6000人歩く 完成式典、港の眺望堪能

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小名浜港3号ふ頭と東港地区をつなぐ小名浜マリンブリッジ。記念ウオークが行われ、参加者が橋からの景色を楽しんだ=23日午後、いわき市

 いわき市小名浜港に整備された「小名浜マリンブリッジ」の完成記念行事が23日、現地で行われた。開放された橋の上を、家族連れなど一般の来場者約6000人が歩き、1日限りの雄大な眺望を楽しんだ。

 マリンブリッジは全長927メートルで、石炭の国際バルク戦略港湾として整備が進む東港地区と3号ふ頭を結ぶ唯一の道路。

 完成披露式で、国土交通省港湾局の菊地身智雄局長が「物流、産業の強化につながる」とあいさつ。その後の記念ウオークで、来場者が3号ふ頭から約500メートル地点まで歩き、最も高い所で海面から約26メートルの景色に見入っていた。

 マリンブリッジは3月29日に完成した。一般の立ち入りは禁止されており、東港地区整備関係の工事車両が通行する。