日本文化「婚礼の儀」再現 福島・民家園で公開ウエディング

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
婚礼の儀を再現した公開ウエディング

 日本文化の婚礼の儀を再現した公開ウエディングが23日、福島市の民家園で行われ、同市の会社員の新郎(25)と新婦(28)が古式ゆかしく紋付きはかまと白無垢(むく)姿で祝言を挙げた。

 江戸時代中期から明治時代にかけての県北地方の建物を保存する同施設の魅力を発信し、日本伝統の婚礼文化をより深く知ってもらおうと福島市と同市の結婚式場ウェディングエルティが企画した。園内にある民家を仮の家に見立てた。

 歴史の深さを感じながら晴れて夫婦になった2人は「笑顔の絶えないすてきな家庭を築いていきたい」と永遠の愛を誓った。