最優秀賞に渡利小、飯野中 福島県小中学校PTA広報紙コンクール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
広報紙を審査する審査員ら=福島民友新聞社

 第52回福島県小中学校PTA広報紙コンクールの審査会は24日、福島市の福島民友新聞社で開かれ、最優秀賞に渡利小(福島市)の「和多里」と飯野中(同)の「こもれび」が選ばれた。飯野中は2年連続の選出となった。

 福島民友新聞社、県PTA連合会の主催、県教委、県小学校長会、県中学校長会の後援。県内の小、中学校合わせて75校が参加した。

 同連合会調査広報部長の石川逸子飯坂小校長を審査長に、佐藤秀雄県PTA連合会事務局長、菅野芳美福島民友新聞社事業局長、菅野寛子同社整理部長が審査員を務め、紙面の読みやすさや内容、企画力などを審査した。

 入賞作品次の通り。

 ▽最優秀賞=和多里(渡利小)こもれび(飯野中)

 ▽優秀賞=大久保(大久保小)薫だより(薫小)あげつち(平一小)みくわば(渡利中)

 ▽入選=せいめい(清明小)ささや(笹谷小)にじ(東和小)はちのす(白河二小)白三だより(白河三小)鶴翔(鶴城小)ほおの木(喜多方二小)ひらくぼ(平四小)絆(郡山ザベリオ学園)鈴石(本郷中)きたあいづ(北会津中)