小野高生開発の商品試食 内堀知事、食文化PR活動にエール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小野高の生徒たちを激励する内堀知事(右)

 福島県の内堀雅雄知事は25日までに、小野町を訪れ、地域食文化のPRに取り組む小野高の生徒を激励した。

 同校家庭クラブは、地域食材の調査やオリジナル商品の開発に取り組んでいる。内堀知事と大和田昭同町長の意見交換会に合わせて、生徒が活動報告する機会が設けられた。

 内堀知事は同町の地域活性化トレーラーハウス「マンマ ハウス」を訪問。生徒から独自商品「ミネラルトマトうどん」「一笑漬けドレッシング」の説明を受けた後、料理を試食した。

 内堀知事は「体に優しい味でおいしい。弱点は、食べやすくてすぐになくなってしまうところ」と話し、周囲の笑顔を誘った。最後は生徒たちと記念撮影し、活動の充実に向けエールを送った。