「契約社員」100人新規雇用へ 6月開局予定の郡山東郵便局

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
6月開局予定の郡山東郵便局

 郡山市富久山町に6月19日開局予定で、県内集配分を一括して仕分ける地域区分郵便局、郡山東郵便局が契約社員100人を新規雇用することが27日、日本郵便東北支社への取材で分かった。

 同支社によると、同局の従業員数は400人規模で、正社員70人、契約社員330人になる見通し。新たに雇用する契約社員は、通勤可能な市内近郊からハローワークなどを通して募集している。他の正社員と契約社員計300人は、東北6県を中心に各郵便局からの異動で確保するという。

 契約社員の給与は時給制で、社員登用制度も設ける。同局は24時間稼働で、従業員は郵便物や宅配便の仕分け作業と運搬などに当たる。

 県内集配分の仕分けは現在、郡山局が「ゆうパック」を全域、郵便物を12集配局に送り、集配局で仕分け作業を行っているが、集配局の作業と機械配置をやめ、郡山東局で一括処理する。同局は一般利用者の窓口や現金自動預払機(ATM)は設けない。

 同局は全国10局目の地域区分郵便局。敷地面積約4万8000平方メートルで、東京ドーム1個分に相当。鉄骨3階建てで、建物面積は郡山局の1.2倍の約2万1000平方メートル。