災い『うそ』に...「うそどり」に早朝から長い列 春のうそかえ祭

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
春季大祭で、木彫りの「うそどり」を買い求める参拝客

 福島市飯坂町の西根神社の春季大祭は27日、同神社で行われた。同神社境内の高畑天満宮では「春のうそかえ祭」も行われ、災難よけの「うそどり」を買い求める客が早朝から長い列を作り、にぎわった。

 うそかえ祭は、同天満宮に参拝することで、災いが「うそ」になるとされる。悪い出来事の身代わりとなって良いことに替えるという木彫りの「うそどり」の販売が毎年人気を集めており、今回は限定1000体が販売された。

 境内や参道では、福引抽選会や植木市も開かれ、訪れた人々が春の祭りを楽しんだ。