「ポリ乳酸」加工で大臣表彰 いわきの小松さん、市長を表敬

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市の小松道男小松技術士事務所長は、本年度の文部科学大臣表彰の科学技術賞(技術部門)を受賞した。浜通りで初の受賞。小松所長は28日、同市役所に清水敏男市長を表敬訪問し、これまでの研究について紹介した。

 小松所長は、トウモロコシのでんぷんに含まれる乳酸を原料としたプラスチック「ポリ乳酸」の加工技術を開発。この技術を使って豊栄工業(愛知県新城市)が事業化し、今回、共同で受賞した。

 ポリ乳酸は、土に埋めると自然分解される環境に優しい素材という。小松所長は自身の技術から製品化された子ども用食器「iiwan(いいわん)」を紹介し、「重金属が全く入っていないので安心して使える。高齢者用の食器も作っているところ」と報告。「いわきで考え、名古屋など各地の研究拠点で形にしている。こういうことができると、若い人に知ってもらいたい」と話した。

小松俊枝所長代理が一緒に訪れた。