彦摩呂さんも太鼓判 「ふくしまラーメンショー」有名店が集結

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
おなじみのフレーズでおいしさを表現した彦摩呂さん

 全国の有名ラーメン店10店が集結した東北最大級のラーメンイベント「ふくしまラーメンショー2017」は28日、郡山市の開成山公園自由広場で開幕した。同イベント初出品のつけ麺など、各店舗こだわりの一杯がファンをうならせている。5月7日まで。

 会津坂下町出身のラーメン評論家、大崎裕史さんが企画監修した。県内の若手ラーメン店主でつくる「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」、前回売り上げ杯数1位を獲得した金沢麺達兼六会(金沢市)などが出店し、鶏白湯(ぱいたん)ラーメンや濃厚なみそラーメンなど多彩な逸品が並ぶ。

 また、エビの風味が特徴の五ノ神製作所(東京・渋谷区)の「海老つけ麺」、極太麺と魚介豚骨スープが絡む頑者(埼玉・川越市)の「濃厚魚介豚骨つけ麺」といった、つけ麺も人気を集めている。

 初日はグルメリポーター彦摩呂さんのトークショーが行われた。彦摩呂さんは各店舗のラーメンを豪快に味わい、「ラーメンショーはラーメンの玉手箱や~」とおなじみのフレーズで会場を沸かせた。

 次々とラーメンを試食した彦摩呂さんは「うまい」「スープとよく絡んで、何杯でも食べられる」と各店自慢の一杯をおいしそうに頬張った。分厚いチャーシューを見て「自宅の外壁にしたい」と、独特の言い回しで来場者の笑いを誘う一幕も。

 彦摩呂さんは「出店しているのは全国各地のトップの店ばかり。これは間違いない」と太鼓判を押した。