「十万山」火災...鎮火せず 浪江の帰還困難区域、陸自に要請

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になっている浪江町井手の十万山で4月29日に発生した山林火災は30日も鎮火せず、県は同日、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。県や双葉地方消防本部は日没のため、同日午後6時30分ごろに消火活動を打ち切った。1日早朝に再開する。県によると、現場周辺の放射線監視装置(モニタリングポスト)の値に目立った変動はない。

 県によると、10ヘクタール以上が燃えたがけが人はいない。30日朝から福島、宮城、群馬3県の消防防災ヘリコプター計3機が上空から消火に当たり、同日午前7時40分ごろいったん鎮圧したが、強風で再び燃え始めたという。自衛隊ヘリコプター5機も消火活動に加わった。