家内安全、五穀豊穣願う 福島・日枝神社で「宮代山王祭」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
巫女舞を披露する児童ら

 宮代山王日枝(ひえ)神社(本田勝義宮司)の例大祭は1日、福島市宮代の同神社で行われ、訪れた大勢の参拝者が家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

 同神社の例大祭は「宮代山王祭」といわれ、約300年の歴史を持つ農事の祭市として親しまれている。

 野菜や種苗、農具、植木など約90の露店が並び、多くの参拝者でにぎわった。

 神事では、神楽保存会の神楽演奏に合わせ、余目小の女子児童3人が巫女(みこ)舞を奉納した。