カーネーション心込め 福島明成高が「母の日」用に5日販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
販売前にカーネーションの手入れをする生徒たち

 福島市の福島明成高は5日午前9時から、生徒が栽培した「母の日」用のカーネーション約2000鉢を販売する。生物生産科草花専攻班2年生14人が2日、販売前最後の手入れをし、温室に並んだ赤やピンク、紫、黄など色とりどりのカーネーションの鉢植えを整えた。

 販売するカーネーションは昨年9月から栽培を開始。同専攻班の2、3年生約30人が鉢の植え替えや肥料を与え、大切に育ててきた。今回は、赤とピンクの中間色が特徴の品種「モダンガール」を新たに加えた13種類を1鉢税込み600円で販売する。

 2年の生徒2人は「丁寧に育ててきた。きれいな花の色を楽しんでほしい」と話した。

 また、3~5日は野菜専攻班が種から育てたトマトやキュウリ、ナスなどの苗を販売する。販売開始は午前9時。