「健康増進センター」に看板設置 福島医大、自治体の事業サポート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
看板を掲げる(手前左から)谷川氏、大平哲也氏(後列左から)井出氏、大平弘正氏

 福島県や市町村が行う健康増進事業を科学的にサポートする福島医大ふくしま国際医療科学センターの「健康増進センター」に1日、看板が掲げられた。

 同医大副理事長・ふくしま国際医療科学センター長の谷川攻一氏は訓示で「県民、地域を元気にするのが目的。情報の有効活用、疾病・予防対策、人材育成など横断的に対応できるようお願いしたい」と求めた。

 健康増進センターは既に業務を開始し、福島医大疫学講座の大平哲也教授がセンター長を努める。

 県と連携を強化し健康指標の悪化改善を図る。谷川氏、大平氏、大平弘正同医大理事・副学長、井出孝利保健福祉部長が看板を掲げた。