小名浜舞台のアニメ「人力戦艦!?汐風澤風」ネット公開スタート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3日から公開が始まった作品のワンシーン

 いわき市の小名浜まちづくり市民会議は3日、同市小名浜が舞台のアニメーション作品「人力戦艦!?汐風澤風」のインターネットでの一般公開を始めた。作品は福島ガイナックス(三春町)の協力で制作。ユーチューブやニコニコ動画、ツイッターで閲覧できる。

 作品のモチーフとなったのは戦後、同市小名浜港に防波堤として沈められた旧日本海軍の駆逐艦汐風と澤風。汐風と澤風がロボットに姿を変え、競輪選手を目指す主人公と協力して、謎の時空怪獣から小名浜の町を守るとのストーリーだ。

 作品には、いわきマリンタワーや三崎公園など港周辺の町並みも登場する。市民会議は小名浜を「聖地化」することで、観光客増を目指している。作品は約16分間で、主人公を山下誠一郎さん、澤風を上坂すみれさん、汐風を遠藤広之さんが演じた。総監督は福島ガイナックス社長の浅尾芳宣さん。