国道115号でワゴン車と乗用車が正面衝突、男性3人重傷

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 4日午後4時40分ごろ、伊達市の国道115号で、福島市、会社経営、男性(38)のワゴン車と宮城県大崎市、会社員、男性(57)の乗用車が衝突した。

 38歳男性に同乗していた38歳男性の父(67)が股関節を脱臼、会社員、男性(40)=福島市=が右足の骨を折り、それぞれ重傷。57歳男性は腹部出血で重傷のもよう。38歳男性は顔にすり傷、同乗していた38歳男性の兄=同市=も全身を打った。

 伊達署は57歳男性の車が対向車線にはみ出し、正面衝突したとみて、詳しい原因を調べている。

 この事故のため同国道の現場付近は約2時間にわたり通行止めとなった。