チーム・タイサン・サードは決勝「21位」 スーパーGT第2戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今夏までに県内に拠点を移す「チーム・タイサン・サード」が参戦する自動車レース「スーパーGT」第2戦は4日、静岡県の富士スピードウェイで決勝が行われ、GT300クラスのチーム・タイサン・サードは21位だった。

 同チームは今季、山田真之亮、ジェイク・パーソンズ(レクサス)の両ドライバーで参戦。3日の予選レースは29チーム中26位だったが、決勝で順位を上げた。

 GT500クラスは「レクサス・チーム・ゼント・セルモ」の立川祐路、石浦宏明組(レクサス)、GT300クラスは「カーズ・トウカイ・ドリーム28」の中山雄一、坪井翔組(レクサス)が優勝した。

 福島市に軽飛行機の開発拠点を建設する「サード」(愛知県)が運営する「レクサス・チーム・サード」はGT500クラスでヘイキ・コバライネン、平手晃平組(レクサス)が7位だった。