晴天のGW!はじける『笑顔』 家族連れらが「こどもの日」満喫

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
変わり種自転車でサイクリングを楽しむ子どもら=5日午前、福島市・あづま総合運動公園

 こどもの日の5日、県内は晴天に恵まれ、行楽地には家族連れなどがゴールデンウイークを満喫する姿が見られた。

 福島市のあづま総合運動公園はこどもの日に合わせて園内の施設を無料開放。サイクルスポーツ広場では、2~4人乗りや動物の形をした変わり種自転車などを楽しむ子どもらの声が響いた。

 北塩原村の五色沼湖沼群で最も大きい毘沙門沼には、県内外から多くの観光客らが訪れ、貸しボートに乗るなどして景色を楽しんだ。

 郡山市から家族5人で来た鈴木陸斗君(6)は「ボートの上から大きなコイが泳いでいるのが見えて驚いた」と興奮気味に話した。