「大川まあや」パネル設置 会津鉄道キャラ、駅の雰囲気明るく

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
芦ノ牧温泉駅に設置された大川まあやのパネル

 会津鉄道(会津若松市)は7日までに、同鉄道をPRする女性アニメキャラクター「大川まあや」のパネルを同市の西若松駅などに設置した。

 大川まあやは、7月の同鉄道30周年記念事業に合わせて誕生した。おもちゃ製造・販売のトミーテック(栃木)が企画、全国の鉄道会社が協力しオリジナルキャラクターを作る「鉄道むすめ」の一人。

 パネルは高さが約1.5メートルで、芦ノ牧温泉駅の2代目名誉駅長ネコ「らぶ」も描かれている。

 パネルは西若松駅のほか、芦ノ牧温泉、湯野上温泉、会津下郷、会津田島、会津高原尾瀬口の各駅にも設置された。

 同鉄道の湯田友和さんは「駅の雰囲気がより明るくなるのでは」と期待している。