発生10日目鎮火できず 浪江の山林火災、消火活動続く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 原発事故で帰還困難区域になっている福島県浪江町井手の十万山で4月29日に発生した山林火災は10日目の8日、鎮圧状態が続いたものの、鎮火には至らなかった。

 県や陸上自衛隊、双葉消防本部などは、9日早朝から消火活動を続ける。