5歳女児、車にはねられ重体 いわき、横断歩道を歩行中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 7日午後0時30分ごろ、いわき市の県道で、同市の保育園に通う女児(5)が、茨城県水戸市、会社員男性(40)の乗用車にはねられた。

 女児は頭を強く打ち意識不明の重体。

 いわき中央署によると、十字路交差の横断歩道を歩いていた女児が、直進してきた男性の運転する乗用車にはねられた。

 女児は近所に住んでおり、1人で歩いていたという。

 現場は片側1車線の見通しの良い直線道路。