「働く女性応援企業」に認証 福島民友新聞社など県内9社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県は8日、県次世代育成支援企業の「働く女性応援」中小企業部門に福島民友新聞社など9社、「仕事と生活の調和」推進企業部門に4社を新たに認証したと発表した。

 1~3月に申請があった昨年度第4期分。福島民友新聞社は育児休業または介護休業の取得者があり、非正規社員から正規社員への転換があったことが認められた。

 認証を受けると、県の助成金を利用できるなどの利点がある。

 認証企業次の通り。  

 ▽働く女性応援=伸和建設(矢吹)会津土建(会津若松)税理士法人ケーエフエス、KFSライフ設計、福島民友新聞社(福島)東陽電気工事(西郷)ブレイン(白河)田中建設工業(会津若松)中山組(いわき)

 ▽仕事と生活の調和=ナプロアース(伊達)税理士法人ケーエフエス、KFSライフ設計(福島)東陽電気工事(西郷) 、障害福祉事業を展開する同市の社会福祉法人「福音会」が携わっている。