山林除染を「竹林」と偽装 単価が10倍に...1000万円超不正か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島市は11日、同市が発注した生活圏森林除染業務を巡り、除染に当たった業者が、現場の森林を工事単価が通常の10倍となる竹林だったと偽って報告し、市に除染費用を不正に請求していた疑いがあると発表した。除染費用は既に支払われており、市は業者側が不正に得た金額は1000万円を超えるとみて、刑事告訴も視野に事実関係を調査している。

 市によると、除染の工事単価は1平方メートル当たり約510円だが、チェーンソーで伐採する必要がある太い竹がある竹林の場合は同約4600円が加算される。

 3次下請けとして除染に当たったゼルテック東北(二本松市、3月に閉鎖)は福島市松川町下川崎の現場で、竹の切り株を一定間隔に並べ、竹を伐採したかのように偽装した写真を元請けの共同企業体(JV)を通じて市に提出し、現場を竹林と偽った。ほかの場所で撮影した写真の場所の表示を画像ソフトで書き換え、この場所で竹を伐採したかのように偽装する写真も提出していた。

 現場は晃(ひかり)建設、古俣工務店、ノオコー建設(いずれも福島市)でつくるJVが受注し、2014(平成26)年9月~昨年3月に除染を実施した約18万5500平方メートルの一部。除染費用として約6億2660万円が市からJVに支払われた。

 昨年11月、竹林の偽装について市に告発があった。告発で不正が指摘された約2550平方メートルの竹林などを市が調査しており、不正の額は1000万円を超える見通し。

 元請けの晃建設の現場責任者は取材に対し「告発があるまで不正に気付けなかった。不正分の返金なども含めて市と協議していきたい」としている。また、既に事業をやめているゼルテック東北の元代表からは「担当者が現場を誇張した写真が、(工事完了報告書に)紛れ込んでしまった」と説明を受けたという。