道の駅国見に限定品 地元産品の「ジャム」と「たれ」販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
道の駅で限定発売されているミックスジャム(左)とひふみのたれ

 3日にオープンした国見町の道の駅「国見あつかしの郷」で、地元農産物を使った「ミックスジャム林檎と杏の日」と「ひふみのたれ 焼き肉とサラダの日」が限定販売されている。

 ミックスジャムは同町のベジフルプランニングが販売する。県産のリンゴと同町産のアンズで作ったジャムで、ヨーグルトやパンに合う。味はリンゴの甘みの後にアンズの酸味が感じられるという。

 ひふみのたれは同町の「ひふみ食堂」が店で使用していたたれを商品化した。同町産のリンゴとタマネギを使い、甘口で酸味が効いている。焼き肉やサラダのほか、野菜炒めの味付けにも使えるという。

 ミックスジャムは税込み650円。問い合わせはベジフルプランニングへ。ひふみのたれは税込み500円。問い合わせはひふみ食堂へ。

 ベジフルプランニングの近久寿幸さんと同町商工会経営指導員の橘内正人さんは10日、福島民友新聞社県北支社を訪れ、商品をPRした。