広野町内の帰還率79.1% 居住者3900人、高校生以下は438人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 広野町内の居住者数が11日現在で3900人となり、人口に占める割合(帰還率)は79.1%に上った。仮設住宅と民間借り上げ住宅の無償提供が3月末で終わったことをきっかけに、帰還が進んだ実態が裏付けられた。

 町が12日発表した。住民基本台帳に基づく人口は11日現在で4932人。年齢別では、高校生以下が657人のうち66.7%に当たる438人、19歳以上は4275人のうち81%の3462人が帰還した。町外で生活を続けるのは1029人で、県内が822人(うちいわき市777人)県外が207人だった。残り3人は震災後、所在が分かっていないという。

 町外で生活を続ける町民のうち、状況に応じて仮設住宅や民間借り上げ住宅の入居を個別に延長(特定延長)したのは15人で、ほとんどの町民は賃貸住宅などで暮らしている。