川に流されて釣り客不明 只見・塩ノ岐川で69歳男性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日午前7時5分ごろ、只見町塩ノ岐の塩ノ岐川で釣りをしていた群馬県、自営業の男性(69)が川に流されたと、通行人の男性から110番通報があった。南会津署や南会津地方消防本部などは約30人態勢で日没まで捜索したが、発見できなかった。

 同署によると、男性は同日午前4時30分ごろ、仲間1人と川に入り釣りを開始。同午前6時ごろ、仲間が男性が流されているのを目撃し、通行人の男性に110番通報するよう要請した。当時、塩ノ岐川は雨の影響で増水していたという。

 男性は身長約170センチで、白色のかっぱを着用し、緑色の長靴を履いていた。