磐梯熱海の豊かな自然、散策など満喫 郡山で「ケヤキまつり」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ケヤキの森の散策を楽しむ参加者ら

 第13回ケヤキまつりは14日、郡山市の磐梯熱海温泉街などで開かれ、県内外から訪れた参加者が同温泉街の豊かな自然やコンサートなど多彩なイベントを満喫した。磐梯熱海温泉観光協会などでつくる実行委の主催、福島民友新聞社などの協力。

 約300人が参加し、郡山ユラックス熱海を出発点に、清稜山倶楽部までの約3.4キロを散策した。湯泉神社では磐梯熱海開湯太鼓保存会の演奏、ケヤキの森ではオカリナと口笛のコンサートなどが行われた。

 散策後、参加者には郡山ユラックス熱海の無料入浴券とタオルがプレゼントされたほか、野菜たっぷりのケヤキ鍋やところてんが振る舞われ、参加者はウオーキングで疲れた体を癒やしていた。また、福島民友新聞社が参加者に手帳を贈った。

 まつりを前に、源泉神社で行われた安全祈願祭では、関係者が神事でイベントの成功を願った。関係者が玉串をささげ菅野豊実行委員長らがあいさつにした。