福島医大病院に幸楽苑 公共医療機関へ初出店、22日オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島医大病院内に出店する幸楽苑の店舗イメージ図

 全国でラーメンチェーンを展開する幸楽苑(郡山市)は22日、福島市の福島医大病院内に院内食堂をオープンさせる。同社が18日、発表した。1954(昭和29)年の創業以来、初の公共医療機関への出店。新商品としてヘルシーメニューも開発し、患者らのニーズに応える。

 健康志向麺類を開発中

 同社によると、売り場面積は約530平方メートル。席数は197席で、ラーメンやギョーザ、チャーハン、定食を提供する。ラーメンとサケや納豆などの和定食など従来のメニューに加え、カロリーや塩分を抑えた健康志向の麺類の新商品を開発中で、6月にも店頭に並ぶ予定。セルフ形式での提供を行う。利用する同大や同病院の教職員、学生、外来患者、一般市民の利用を想定し、同社は「幅広く利用してもらいたい」としている。

 院内食堂の更新時期に当たり、同社が出店を交渉してきた。同社は「これまでのロードサイドやフードコートでの出店に加え、新たに官公庁での出店を進めていきたい」と話した。

 営業時間は平日午前7時45分~午後8時、土・日曜日・祝日は午前9時~午後6時。