ゴルフ場に「クマ」...コース内歩く 若松でプレー客や従業員目撃

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 20日午前11時ごろ、会津若松市のゴルフ場で、プレー客やコース内で作業をしていた従業員がコース内を歩くクマを目撃、会津若松署に通報した。同署によると、クマは体長約1メートルで、コースを横切り逃げたという。

 ゴルフ場関係者によると、これまでに周辺での目撃情報はあったが、コース内では初めて。同日は営業を続け、クラブハウス内などに注意を呼び掛ける貼り紙を出した。プレー終了後、市有害鳥獣捕獲隊が付近をパトロールしたが、クマの姿は確認できなかった。

 同署は安全確保のためパトカーで現場付近をパトロールし、広報するなど注意を呼び掛けている。