女子大生に「護身術」伝授! 犯罪被害防止へ郡山署員が指導

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
明村係長(左)から護身術を学ぶ学生

 郡山女子大は17日、同大で犯罪被害防止講習会を開き、学生が犯罪被害に遭わないための注意点や護身術を学んだ。

 防犯意識を高め、性犯罪被害などを防ごうと毎年開催しており、今回は4回に分けて開く。この日は同大人間生活学科の学生ら約80人が参加した。

 参加者は、郡山署の明村英治地域庶務係長から「夜間は人通りの多い道を選ぶ」など、日常生活での注意点について説明を受けた。続いて、腕をつかまれるなどの緊急時に対処するための護身術を学んだ。