ハウスの「モモ」一足早く収穫 順調に生育、伊達・梁川で作業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ハウス内では早くもモモが大きく実り、収穫作業が始まった=22日、伊達市梁川町

 福島県伊達市梁川町の果樹農家加藤和雄さん(68)方のビニールハウスで22日、露地物より一足早くモモの収穫作業が始まった。

 収穫されているのはわせ種の「はつひめ」。加藤さんによると、今年は春先の気温が低く、例年より4~5日ほど収穫が遅くなったが、順調に生育しているという。

 連日の好天でハウス内の気温も上昇する中、加藤さんは大きく育ったモモを一つ一つ丁寧に収穫していた。モモはJAふくしま未来を通じ県内外に出荷される。