いわきライキといわきFC連携 いわき産米のブランド力強化へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわきFC公式米となる「プレミアムいわきライキ」のパッケージ

 いわき市産のブランド米「Iwaki Laiki(いわきライキ)」を販売する「いわき地域の恵み安全対策協議会」はブランド力強化と消費拡大を目指し、いわきFCと連携したPR企画を展開する。同協議会の「戦略ブランド化推進本部」が23日、同市で総会を開き、同企画を含む事業計画を決めた。

 これまで同米は、パッケージデザインを若者向けにしたことで、20~30代の子育て世代の女性を中心に人気を集めているという。同市の活性化に取り組むいわきFCと連携することで、市内外でのさらなる知名度アップを図っていく。

 いわきFCは今後、高品質の「プレミアムいわきライキ」を同クラブ公式米として認定。選手の食事として提供するほか、今秋にもいわきFCクラブハウスで、同米を使用した期間限定メニューの提供を始めるという。

 また、計画では、応援大使を新たに設けることも決めた。同大使にはいわきFCのほか、スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム、いわき観光情報ナビゲーター「フラおじさん」、市公認ご当地アイドル「アイくるガールズ」らを任命する。