ディーン・フジオカさん、7月凱旋公演 福島県で「約束」果たす

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県須賀川市出身でNHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚役を演じて注目を浴びた俳優・歌手ディーン・フジオカさん(36)が7月15日、同市文化センターで凱旋(がいせん)ライブを行う。23日、公式ホームページで明らかにした。

 ディーンさんは、東日本大震災から6年の節目に合わせて「今年こそは必ず福島に会いに行きます。故郷で待っていてください」とのメッセージを3月11日付の本紙に寄せており、故郷でのライブでその約束を果たす。

 ライブのサブタイトルは「Homecoming in Fukushima」で里帰りの意味を込めた。ディーンさんはライブを前に、「故郷を離れて暮らす方々も共感できるようなライブを、いつもとは少し違った形で参加者の皆さんと一緒に作っていきたい」「未来を築いていく子どもたちと接点を深く持ちたい」とコメントした。

 県内在住者向けにライブチケットの先行抽選がある。24日午後1時~31日午後11時59分、ウェブサイト(https://l‐tike.com/st1/df‐fukushima)で受け付ける。ライブは午後6時開演で、料金は全席指定で8千円(税込み)。

 チケット一般発売は6月24日午前10時から。問い合わせはキョードー東北(電話022・217・7788)へ。