ユニーク新キャラ登場!あいづ食の陣 6月からスタンプラリー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
あいづ食の陣の新キャラクター。上部中央から時計回りに、トマト僧兵、地鶏忍者、米くのいち、アスパラ侍

 会津産の農畜産物の魅力を発信する会津若松市の事業「あいづ食の陣」。飲食店などが春はアスパラガス、夏はトマト、秋はコメと日本酒、冬は会津地鶏を使った特製料理を提供する取り組みが好評だ。本年度は「アスパラ侍」「米くのいち」「トマト僧兵」「地鶏忍者」のユニークなキャラクターで発信力を高める。

 4年目を迎え、市内では既に定着し、市外や県外でも注目が高まっている。さらに話題性を持たせ、農畜産物への愛着を深めてもらおうと、新たな広報戦略に踏み切った。新たなキャラクターには「アスパラの乱」「トマト事変」「米・酒の変」「地鶏の合戦」といった文言を付け加え、のぼり旗などでPRしていく。

 6月からは、参加飲食店の周遊を促すスタンプラリーも始める。通行手形をイメージした木目調のカードでスタンプを集め、数に応じて会津の農産物などを贈る。カードは飲食店や市農政課で配布する。四季ごとに設定した食材をテーマにしたフォトコンテストも実施し、年度末に写真展も開く。

 6月30日まではアスパラガスをテーマに事業を展開しており、市内の飲食店や旅館など64店舗が参加している。