町営学習塾開講 福島・広野、慶大や早大生有志ら中学生指導

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
町営学習塾で大学生の指導を受ける生徒

 福島県広野町と町教委は27日、本年度の町営学習塾を町内で開講した。

 4年目の今回は広野中1~3年生25人が登録。学力アップを目指し、慶大や早大など大学生有志から直接指導を受ける。

 広野中は町で唯一の中学校。町と町教委は、帰還した中学生の基礎学力の向上や高校入試を見据えた学習環境づくりに向け、2014(平成26)年度から町営学習塾を開講している。受講生は英語や数学、理科、社会など苦手な科目を自習し、講師から個別指導を受けられる。

 初日は約15人が参加。首都圏などの大学生ボランティアグループ「AAO」の4人が講師を務めた。

 代表で慶大総合政策学部2年の石井俊太郎さん(20)は「基礎学力が高まるよう自習だけでなく授業形式も取り入れ、中学生の学力レベルに応じた指導をしていきたい」と話した。