鼓笛で飯坂温泉街を元気に! 飯坂小児童パレードに拍手と声援

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
元気いっぱいに演奏する飯坂小の児童

 福島市の飯坂小は27日、飯坂温泉街で鼓笛パレードを繰り広げ、全校児童265人が校歌などを元気いっぱいに奏でた。

 同校は、子どもの郷土愛を育むため「飯坂大好きっ子」をテーマにした学習に取り組んでいる。パレードは飯坂のまちを盛り上げ元気にしようと、昨年に続き実施した。

 飯坂温泉駅前広場で行われたセレモニーでは、代表児童4人が飯坂への思いを発表。「昔からの風景を残しながら、温泉街として整備されているところが好き」などのメッセージを読み上げた。

 児童は、駅から旧堀切邸までの約500メートルを校歌と「アフリカン・シンフォニー」を演奏しながら歩き、にぎやかな音を温泉街に響かせた。沿道には、子どもたちの元気な姿を見ようと大勢の保護者や地域住民が駆け付け、大きな拍手と声援を送っていた。