京セラ工場跡地7月に取得 JA東西しらかわが12月移転へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 白河市に本店を置くJA東西しらかわは、昨年11月に閉鎖された棚倉町の京セラ福島棚倉工場の跡地を取得する。7月に京セラと契約し、12月に本店事務所を移転する予定。27日、棚倉町で開いた総代会で、土地と建物の取得を盛り込んだ事業計画を決めた。

 土地は約2万2000平方メートル、建物は約1万2000平方メートルで、建物の改修費を含む事業費は約3億円。営農経済活動の中心となっている棚倉町に本店を移すことで、利便性向上につなげる。飼料用米の保管庫と、肥料や農薬を集約する購買倉庫、資材センターなどを新設する方針で、物流と管理を効率化する狙いもある。同JAは現在、白河市表郷庁舎に本店を置き、同市表郷地区と棚倉、矢祭、塙、鮫川の4町村に加え、矢吹町の一部を管内としている。