ミスピーチが活動開始 「福島の果物のおいしさを広めたい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
本県の果物PRに向けて活動を始めた第55代ミスピーチキャンペーンクルーら

 県産果物の魅力を発信する第55代ミスピーチキャンペーンクルーが30日、本年度の活動を開始した。福島市役所で行われた出発式で、新クルーは「福島の果物のおいしさを広めたい」と意気込みを語った。

 新クルーは18~32歳の女性10人で勉強会などを通じて研さんを重ねてきた。山本克也副市長が「福島の誇る果物をPRしてほしい」と呼び掛け、神田外語大4年の渡辺佳那さん(21)=福島市=は「全国、そして海外にも福島の果物と、元気な姿を伝えていきたい」と抱負を述べた。

 新クルーは初仕事として県など関係機関を訪問。県庁では畠利行副知事から激励を受けた。今後、県内外でPR活動に当たる。