雨降山の自然に親しむ いわき・三和小が環境学習

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
雨降山の豊かな自然環境について学ぶ児童

 福島県いわき市三和町の自然について学ぶ環境学習「せせらぎスクール」は30日、同町の雨降山などで始まり、三和小の児童が山に登って地域の豊かな自然に親しんだ。三和公民館の主催 。

 同町の自然の多様性を知ってもらい、地域に対する誇りや愛着を育もうと昨年から開催。同校の6年生21人が3回にわたり自然体験学習を行う。

 児童は同校で、いわき森林組合の松崎正信さんと夏井川流域住民による川づくり連絡会の橋本孝一代表から、水源と森林の関係などについて聞いた後、雨降山に移動。案内役の加藤公昭さんから山の植物や川の環境などについて説明を受け、楽しみながら地元の環境について理解を深めていた。