シグマが会津工場増設 マグネシウム合金製部品を自社生産へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県磐梯町に国内唯一の工場を置くレンズ、カメラ製造のシグマ(川崎市、山木和人社長)は同町の会津工場にマグネシウム合金製部品の工場棟を新設する。今月にも着工を予定し、2018年1月の稼働を目指す。

 町から町有地約2700平方メートルを購入する。新工場棟は鉄筋造りで地上1階、地下2階建て。延床面積は約2千平方メートル。

 同社はレンズやカメラなどに使用しているマグネシウム合金製部品の製造を外注しているが、自社生産に切り替えることで効率化やコストダウン、消費者への安定供給を図る。

 会津工場は同社の生産拠点として1973(昭和48)年に操業、現在は約1500人が働いている。