8月から命名権募集 郡山市民文化センター、開成山陸上競技場など

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市は8月1日、市民文化センター、開成山陸上競技場、郡山総合体育館に愛称として企業名などを名付けることができる命名権(ネーミングライツ)の募集を開始する。愛称の使用は来年4月1日から。

 応募資格は営業所が立地するなど市と関わりが深い法人で、契約期間は原則5年以上。

 命名権料はいずれも年額で、市民文化センターが500万円以上、開成山陸上競技場は200万円以上、郡山総合体育館は300万円以上。

 審査を経て10月に優先交渉権者を発表し、11月に契約を結ぶ予定。