中止惜しむ...担当者退任で西会津の二大人気カーイベントに幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 往年の名車などが一堂に集い、県内外のファンから人気を集めた西会津町の二つのカーイベントが担当者の退任のため中止が決まった。同町の恒例イベントとして定着していただけに、多くの町民やファンから「残念だが仕方がない」などと中止を惜しむ声が上がっている。

 同町は2004(平成16)年からカーイベントを通した観光振興に取り組んできた。昨年は9月末の「西会津ふるさとなつかしCarショー」に約1万2000人、5月末の「西会津フォルクスワーゲン大集合」に2500人が訪れ、町最大規模の事業に成長した。

 主催者の西会津クラシックカーで元気な町へ実行委員会は、専門的な知識のある担当者が不在で、円滑な運営が困難と判断。「参加者に迷惑を掛けるわけにはいかない」とし、2日までに本年度のイベント中止を決定した。

 今後、有志団体などが規模を縮小したカーイベントの開催を検討するという。