商品販売で寄付 県内祭り応援、アサヒグループがプロジェクト

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
プロジェクトをPRする白井支社長

アサヒグループホールディングスは30日まで、県内で販売されるアサヒビール対象商品1本につき、1円を県内開催の祭りに寄付する「お祭り応援プロジェクト」を展開している。東日本大震災の被災地復興支援の一環。

 2012(平成24)年から実施し、6回目。今月1日に始め、対象商品はアサヒスーパードライなど8種類の500ミリリットルと350ミリリットルの缶。7月に南相馬、相馬両市で開かれる「相馬野馬追」をはじめ福島わらじまつり、郡山うねめまつりなど主要な祭り十数件に寄付する。

 白井源晃福島支社長が福島民友新聞社郡山総支社を訪れ、プロジェクトをPRした。