「近藤喜文展」3日開幕 ジブリ作品の原画やスケッチなど展示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
名アニメーターの仕事を伝える展示会場=2日、福島さくら遊学舎

 名アニメーターの仕事を伝える「この男がジブリを支えた。近藤喜文(よしふみ)展」は3日、三春町の福島さくら遊学舎で開幕する。会期は8月31日まで。2日には内覧会が開かれ、関係者が会場の様子を視察した。福島中央テレビ、福島ガイナックスの主催、福島民友新聞社などの後援。

 近藤さんは国内屈指のアニメーターとして活躍。ジブリ作品に携わり、長編監督作品「耳をすませば」で成功を収めたが、この後しばらしくして急逝した。

 同展では、近藤さんが描いたキャラクターデザインやアニメーション原画、スケッチなどを展示する。

  観覧料は一般1200円、中学生以下600円。前売り券は一般のみで1000円。開館時間は午前10時~午後5時。