「復興の光」無線鉄塔に 東北電力ライトアップ、いわきで点灯式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「復興の弾みに」の思いを込められて夜空に浮かび上がった鉄塔=いわき市

 東北電力いわき営業所(下屋敷聡所長)の無線鉄塔ライトアップが1日、いわき市平の同営業所で始まった。

 点灯式が行われ、地上から60メートルの高さに光鮮やかな鉄塔が浮かび上がった。

 同社の県内無線鉄塔ライトアップは福島営業所に次いで2カ所目。季節ごとの4色と30分ごとに10分間限定で点灯するいわきをイメージした4色が点滅する「いわきスペシャル」、いわきサンシャインマラソンなど祭りやイベントに合わせた特別点灯を計画している。

 点灯時間は5~10月が午後7時~同10時、11~1月が午後5時~同10時、2~4月は午後6時~同10時。

 点灯式には約50人が出席。下屋敷所長は「まちを明るくして復興の弾みになれば」とあいさつ。下屋敷所長や清水敏男市長、同営業所付近にある楢葉町仮設住宅の結城政重自治会長ら7人がスイッチを押してライトアップを開始した。