「楢葉ホテル」建設安全祈願 18年8月開業目指す、竜田駅東側

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
JR竜田駅東側地区に建設されるホテルの完成予想図

 福島県楢葉町のJR竜田駅東側地区の再開発計画で、ホテルを進出するファーストスプリング(いわき市)は1日、現地で建設工事の安全祈願祭を行った。4階建ての「楢葉ホテル」(仮称)を造り、来年8月の開業を目指す。廃炉や復興事業の関係者、来夏に一部が再開されるJヴィレッジ(楢葉、広野町)の利用者らの宿泊需要に応える狙いがある。

 ホテルの客室は207室で、延べ床面積が8025平方メートル。大浴場やレストランを備え、コンビニエンスストアなどの入居も見込む。

 同社は、神奈川県の箱根温泉で老舗旅館を展開する「一の湯グループ」が本県に進出するため設立した。

 祈願祭では、小川晴也社長、松本幸英楢葉町長らが玉串をささげた。